fc2ブログ
鮎一番 マドンナ
  • Author:鮎一番 マドンナ
  • 2007年からの全国鮎釣ツアーの記録
  • RSS
鮎一番 ayu1ban
2007年からの全国鮎釣ツアーの記録
プロフィール

鮎一番 マドンナ

Author:鮎一番 マドンナ
2007年からの全国鮎釣ツアーの記録


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


TC療法に行く。
2011年6月20日(月) はれ後雨後曇り

今日は朝から運が付いていなかった。
自宅から出発直後、1Fへ降りる階段で足を滑らせ4段ほど尻餅を着きながら落ちる。左腕肘を痛めたがたいした事は無い。釣りは、充分出来る。
病院に着いたら診察券の入っていた手帳を不用意に開き挟んであった現金を落とす。戻って来なかった!
点滴の血管確保の時、太い血管が見えているのに神経を刺され左手人差し指と中指が飛び上がるほど痛かった。暫く痛みと痺れは続き、薬の副作用もあいまっているのか左手人差し指先端の痺れは続いている。今までに経験したことの無い痛みだった。おおーコワ。もう今日の治療センター担当のDrにはして欲しくない!!
治療前に検査と診療があるので自宅を6時半に出て病院には8時25分頃着いた。しかし、診察して治療に入ったのは12時近かった。腫瘍内科主治医がTC療法(パクリタキセル+カルボプラチン)のオーダーを外来治療センターと薬局に出し準備に小一時間待たされる。この待っている間会計を済ませ院外処方の薬を貰う。
ベッドと薬の用意が出来て開始になるが、5時間以上かかる点滴なので針巻きをして眠気を吹き飛ばし時間を潰す。何しろ抗アレルギー剤と、パクリタキセルを溶解しているアルコールのせいで超眠くなる。点滴の開始早々少しウトウトしたが、針巻きを始めたら目が冴えた。
次は何時、何処へ行けるかなどと考えながらするとガゼン針巻きのピッチは上る。
夕方の6時近くに終了し帰宅。この時も、病室に診察券とベストを忘れる。Nsが後から追いかけてくれて事なきを得る。
帰宅してからウーロン茶を口に含んだら味がおかしい。もう副作用の味覚障害が出てきた。元気なままで居られるのか?吐き気とダルサでダウンするのか?不安は多い。


DSCF1684.jpg
次回から個室のベッドは用意できないか、待つ可能性が有ると言われた。癌患者は多い。

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayu1ban.blog67.fc2.com/tb.php/598-4a6a77ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)